【PR】

仙台「四方よし」企業2017年優秀賞 清月記

 日本では商売繫盛の基本として「売り手よし」「買い手よし」「世間よし」の三方よしが唱えられてきた。仙台市では、三方よしの取り組みに加え「働き手よし」、すなわち従業員への取り組みも評価し、従業員を含めた企業、消費者、地域に良い効果を生み出す企業を仙台の「四方よし」企業として表彰している。2016年から始まり、昨年度までに10社が受賞した。今年度の受賞企業3社及び特別賞1社が1/28に公開選考において新たに誕生したなか、これまで受賞した企業の取り組みについて、トップインタビューを通じてシリーズで振り返る。


 仙台『四方よし』企業大賞で2018年度の優秀賞を受賞した「清月記」(宮城野区)は、葬祭事業をメインに飲食、教育、ウエディング、ハイヤー事業などを手掛ける。「地元企業とコラボレーションした返礼品プライベート商品の開発」「障害がある人の雇用創出と就労定着支援」の取り組みが、地域経済の活性化と福祉向上に功績があったとして高い評価を受けた。

 2010年に始めたオリジナル返礼品の開発は、葬儀の参列者らから「いつも同じようなお返し物を頂いてしまう」という声を聞いたのがきっかけだ。加えて「葬儀には他県から来られる方も多い。土産物にもなるような返礼品が欲しい」との要望もあった。「画一的ではなく、地元らしさを打ち出した返礼品を」という菅原裕典社長の指示の下、具現化がスタート。東日本大震災で影響を受けた企業の復興を後押ししたいという思いも途中から重なり、より力が入った。

 地酒を使った日本酒ケーキや銘菓、自社飲食部門のシェフのレシピを基にしたレトルト商品、宮城県産の茶葉を使った煎茶と県産米を原料とした菓子の詰め合わせなどを次々と考案した。提携先の企業や生産者は仙台市をはじめ、塩釜市や気仙沼市、山元町など広範囲にわたる。

 葬儀の返礼品は多くの数を素早くそろえる必要があり、配達の早さも求められ、在庫リスク、賞味期限といったハードルも高い。データ分析によるこまめな在庫調整と商品の改廃、商品を箱詰め、袋詰めする「セットアップ」作業の内製化などで、飽きのこない特徴ある商品構成と供給体制をつくっている。返礼品プライベート商品の従来品に対する販売構成比は、取り組み初年度の17・7%から、14年度には53%と半分を超え、以降もその水準を維持している。

 返礼品セットアップの内製化は、障害がある方の雇用機会も創出した。現在、13年に採用した5人を含む10人がセットアップをはじめ、適性に応じて配置された社内清掃や印刷物の入出力といった業務に当たっている。離職は少なく、障害者の法定雇用率が引き上げられてもしっかりクリア。仙台市就労支援センターの定着モデルケースにもなった。

 菅原社長は「間違いにくい仕組みづくりを従業員が自発的に考え、誰でもできるように業務を標準化できたこと」を障害者雇用のメリットとして挙げる。障害がある方たちも、できる仕事が増えることでやりがいが生まれ、定着につながっている。「障害のある仲間たちに対する『慌てなくていいよ』『落ち着いてね』といった気遣いが社内に広がり、明るい雰囲気もできた」と、もう一つの効果を口にする。

菅原裕典社長

 「経営者は人一倍努力はする。それでも一人は一人の力でしかない。サポートしてくれる人がいないと会社は動かない。優れた商品、設備があってもお客さまに選んでいただくのは、スタッフ、働き手の力があってこそ」と語る菅原社長。「働き手」に目を向けた仙台市の「四方よし」を「とてもいい取り組み。私自身もスピーカーとなって伝えていきたい」と評価し「何事にもトライする気持ちが大切。努力とその経過が会社を成長させる。小さな会社でも無名でも、それぞれ『売り』があるはず」とチャレンジを呼び掛ける。

「仙台『四方よし』企業大賞」が大幅リニューアル!

■リニューアルポイント
・「四方よし」な取り組みを行っている企業はファーストステップとして、「仙台『四方よし』宣言企業」へエントリー。
・エントリーした企業は、宣言企業のロゴマークが使用可能に。さらに仙台市がホームページやFacebookにて取り組みを発信。
・「仙台『四方よし』企業大賞」の表彰は、一般公募をあらため、宣言企業からの募集に変更。(2年に1度開催予定)

■「仙台『四方よし』宣言企業」への登録企業募集中
対象企業:仙台市内に本社がある中小企業
メリット:ロゴマークの使用、仙台市ホームページ等での取り組み内容の紹介
応募方法:仙台市ホームページ(https://www.city.sendai.jp/kezai-chose/kurashi/machi/kezaikoyo/koyo/hyousyou/002.html)をご覧ください。
問合せ先:仙台市経済局経済企画課 TEL:022-214-8275


2020年01月27日 月曜日

記事データベース
先頭に戻る