第8部 波紋(5完)地域と学校が相乗効果生む

地域住民やPTA、学校が協働で整備した白浜小の避難道に立つ清水氏。国の史跡があるため、天然物のみで作ったという=3月9日、愛知県西尾市

 3月で145年の歴史に幕を下ろした石巻市大川小。校舎北側の空き地に設置されたプレハブ内に、東日本大震災の津波で消えた釜谷・間垣両地区を丁寧に再現した模型がある。  「小学校の田んぼ みんなでつくった」「PTAでおばけやしき、大泣き」「夜、当直の先生と酒飲み」「子供たちの声がよく聞こえてた」  住民...


ログインして続きを読む

全文をお読みいただくには、無料会員(河北新報パスポート)登録をお願いいたします。登録がお済みの方、デジタル紙面をご覧いただいている方は、お持ちのIDでログインしてください。

2018年05月03日木曜日


先頭に戻る