<安住の灯 震災列島に生きる>第3部 仮設は出たが(4完)二重ローン 制度の壁

自宅のローン関連の書類を見詰める長沼さん。国の減免制度は利用できず、返済の負担が重くのしかかる=名取市閖上

 趣味の熱帯魚を育てる水槽を置き、愛犬の小屋も設けた。仮設住宅から新居に引っ越して1年半余り。日常を取り戻した安心感はあるが、手放しで喜べない。  水道設備業を営む長沼俊幸さん(56)は2017年夏、名取市閖上地区に自宅を再建した。妻、会社員の長女と3人暮らし。防災集団移転促進事業を活用し、市がかさ...


ログインして続きを読む

全文をお読みいただくには、無料会員(河北新報パスポート)登録をお願いいたします。登録がお済みの方、デジタル紙面をご覧いただいている方は、お持ちのIDでログインしてください。

2019年03月03日日曜日

先頭に戻る